鼻のぶつぶつを治す方法!究極の鼻のぶつぶつ改善方法

投稿日:

鼻のぶつぶつを治す方法を知っていますか?
鼻のぶつぶつを改善したいあなたへ!

実はホットクレンジングが一番良いんです。

クレンジングの中でもホットクレンジングは、毛穴を開いて、黒ずみを落とす成分が入っているんですね。

時代の進化って凄いですよね。

古い角質や角栓だけに作用してくれるんですよ!

ホットクレンジングは本当に凄いです。一度使ってみると良いと思いますよ!

ホットクレンジングの口コミ
肌にやさしく負担をかけないクレンジングは、まずはごしごしこすらないことです。泡立てネットやスポンジなどで、洗顔料をよく泡立てます。手に泡を乗せて、そのてを下に向けても泡が落ちないくらいのしっかりした泡でのクレンジングがベストです。そのよく泡立てたしっかりした泡を肌に乗せ、手と顔の間に泡を含ませて、滑らせるようにクレンジングします。お顔に手が触れないくらいの強さです。泡を毛穴に押し込むようにします。クレンジングは手ではなく泡がしてくれるイメージを持つようにするといいです。
洗顔料を落とすときには、ぬるま湯が理想です。冷たすぎると毛穴を引き締めてしまい、汚れをしっかり落とせないことがあります。また、熱すぎると顔の皮脂を取りすぎてしまう場合があり、肌に負担がかかることになります。そして、できれば溜めたぬるま湯を両手ですくって、泡を落とします。入浴の際に洗顔する場合などは、シャワーで落としてしまうのが楽ではありますが、シャワーの圧は肌への刺激が強すぎる場合があります。のちのちのたるみの原因になるともいわれていますので、両手ですくったぬるま湯をぱしゃぱしゃとかけ、泡をしっかり落としましょう。
しっかりメイクをしている場合や1回のクレンジングで明らかに落としきれない場合は、植物油でオイルクレンジングをしてから、洗顔料でのクレンジングをします。または化粧品と洗顔料の相性によっては2回クレンジングをすることで落としきれる場合もあります。クレンジング後に化粧品が色が残っていたり、毛穴に汚れが残っているように感じる場合は、しっかりクレンジング出来ていない可能性があります。さっぱりすっきりしたかどうかも、クレンジング後に目とご自身の感覚で覚えておくといいでしょう。

なぜ鼻がぶつぶつになるのか?

私達の肌は、毎日、外気にさらされています。外を歩けば、チリやホコリに排気ガスなど様々な汚れが顔に付着してきます。もちろん、女性は、メイクをする事が日常生活に欠かせないものになっていますので、毎日、メイク落しもしなくてはなりません。一言にクレンジングと言っても世の中の女性は、どんなクレンジングの仕方をしているのでしょうか。私が、毎日の洗顔方法としておススメしたいのはダブル洗顔です。ダブル洗顔とは、クレンジングをしてからウォッシングをする方法のことをいいます。クレンジングは、メイクや排気ガスなどの油性の汚れを落とす役割をしています。ウォッシングは、チリやホコリなどの水性の汚れを落とす役割をしています。働きが違うので、どちらかだけでいいというわけではないのです。朝は、ウォッシングだけでも良いと思いますが、夜は、ダブル洗顔にするというのが理想だと思います。また、クレンジングの種類にも色々あります。オイルやクリームやジェルやふき取りシートなど、各メーカーさんで様々な種類があると思いますが、オイルタイプとクリームタイプを使用する方が多いのかなと思いますのでご紹介します。オイルタイプは、お風呂場で手をあまり濡らさずに3~4プッシュくらいの適量を出して顔になじませていき、こすらずに汚れを浮き上がらせてからぬるま湯でオイルを乳化させてから洗い流します。洗い流した後は、手軽でさっぱりとした感じがあります。
クリームタイプは、サクランボ粒大の量を手の平に出し、少しなじませてから顔の4か所において、頬などの広い所から指の腹を使いメイク汚れをなじませていき、クリームの色が透明になってきたら、ティッシュペーパーを使いふき取ります。クリームタイプの場合は、洗い流さずふき取りますので、汚れが取れているのが目で見てわかるという利点があり、どちらかというとしっとりした感じがあります。ティッシュオフの後、フェイシャルウォーターなどで軽くふき取ります。オイルタイプもクリームタイプもその後で、真珠粒位の量のウォッシングクリームを泡立てネットを利用したっぷり泡立てて、顔をたっぷりの泡で包み、水性の汚れを泡で吸着させて洗い流してあげる事で肌は生まれ変わるのです。以上が私のおススメなクレンジング方法になります。

 

一昔前のクレンジング方法ですが、これもかなり有効ですね!

イヤ~な鼻のぶつぶつ!いちご鼻になったらどうしたらいいの?

鼻の頭の毛穴に出来る点々模様、鼻の黒ずみ、通称「いちご鼻」。これ、本当に嫌ですよね。
ファンデーションである程度は隠せますが、洗顔後に鏡を見ると、ガッカリした気持ちになってしまいます。
そんな嫌ないちご鼻、毛穴の黒ずみや角栓のせいで起こるんだろうなとの予想はつきますが、
詳しい原因や、いちご鼻をの治し方などは、あまり知られてないのではないかと思います。
私もこれ以上鼻にぶつぶつが増えるのは嫌なので、今回はちょっと、いちご鼻の治し方や予防方法、また原因などについても調べてみました。

 

●いちご鼻の原因って?

 

鼻の頭あたりの毛穴が黒ずんで、黒いぶつぶつ模様ができていることを、一般的には「いちご鼻」と呼びますよね。
この原因っていったいなんなのでしょうか?
いちご鼻の原因は、簡単に大きく分けて以下の3つ。

 

1.皮脂の過剰分泌。
おでこや鼻などTゾーンと呼ばれる顔のラインは皮脂の分泌が多いのですが、そうやって過剰に滲み出た皮脂と
古い角質、メイク汚れの残りなどが混じりあって、毛穴に詰まることで、いちご鼻の原因になります。

 

2.毛穴の黒ずみ
詰まった角栓が酸化して出来た毛穴の黒ずみが定着すると、いちご鼻になります

 

3.毛穴の開き
多すぎる皮脂や化粧品などによる刺激で毛穴が大きく開いてしまい、そのままにしていると毛穴が目立って、いちご鼻になります。

 

●いちご鼻を治すにはどうしたらいいの?予防はできる?

 

いちご鼻を治すにはどうしたらいいのでしょうか。そもそも治せるの?予防法は?
大丈夫です。前項でいちご鼻の原因についていくつか書きましたが、これらを取り除くことで治すことができますよ。
まず、角栓詰まりを解消する毎日の洗顔。
洗顔フォームはよく泡立て、泡を毛穴に押し当てるような感じで優しく洗顔し、最後にしっかりすすいで拭き取ります。
優しく泡で洗ってよくすすぐことで、角栓の汚れをきれいに落とせます。
洗顔の際は、毛穴が大きく開かないようにするために、毛穴引き締め効果のある冷蔵庫で冷やした冷たい水を使うのがおすすめです。
次に、睡眠をよくとって、毛穴の黒ずみを解消すること。
毛穴の黒ずみを取り除くには勿論、洗顔も大事なのですが、これをやるのは当然として、睡眠も大切なんです。
睡眠が少ないと肌のコンディションが悪くなりますから、お肌を良い状態にするために、よく眠ります。
また、食生活など生活習慣もなるべく正しくなるように整えましょう。
これらは、いちご鼻を治す方法でもありますし、普段から心がけて実行することで、いちご鼻の予防にも繋がりますよ。

 

 

以上、いちご鼻の原因や、改善と予防方法などについて調べてみました。
治すのも、予防するのも、まずは正しい洗顔や生活習慣からなんですね。確かに、きちんとしたケアや生活をしていると、お肌の調子って良くなりますもんね。
私も今日から早速、泡でふわっと洗う洗顔と、睡眠時間の確保を心がけて、嫌な鼻のぶつぶつを解消していきたいと思います。

鼻のぶつぶつを自分で治すのは難しい

私は現在40代ですが、もう30年位いちご鼻に悩まされています。若い時に、テープを貼って剥がして角栓を取るという商品が発売された時はすぐに購入しました。確かに、ごっそり取れました。よく見ると残ってる角栓もありましたが、それは私の貼り方が甘いんだろうと思って何回も使いました。その結果、一時的には角栓が取れて綺麗にはなるんですが、毛穴が開いたままで、しばらくしたらそこにまた角栓が詰まるという状態になりました。それに、思い切り剥がすので肌が痛むような気がして、いつの間にか使わなくなりました。もう、仕方ないと思って諦めていました。周りの人達は、何もしなくても鼻が綺麗なのが羨ましくて、よく観察しました。そこで、気付いたんですが、鼻の余計な脂は取った方が良いという事です。あぶら取り紙を使って頻繁に取り除きました。確かに、少しはましな気がしました。そのようなやり方で、何とかしていましたが、40歳を過ぎた頃から、いちご鼻に加えて、毛穴が黒くなってきたのです。当然、今迄より格段に目立つので、これはどうにかしなければと思いました。そんな時、いちご鼻の角栓を優しく取り除いてくれる化粧品コーナーが百貨店にある事を知りました。早速、行きました。初めての経験なので、ワクワクしながら順番が来るのを待ちました。そして、順番が来ました。まず、透明な筒のような物を鼻にあてて、角栓を吸い込んでいきます。掃除機のような感じで、透明の筒の中に取れた角栓が溜まるようになっています。一通り、鼻にあてたら、中身を、見せてくれます。白い物が一杯詰まってました。店員さんは、沢山詰まってますね、と言ってました。そして、普段の手入れの仕方を、聞かれました。店員さんは、今は綺麗になったけれど、しばらくしたらまた角栓が詰まると思うから、手入れの仕方を変えた方がいいと言いました。具体的には、オイルクレンジングはやめた方がいいと言われました。それと、メイクを落とす時に擦り過ぎないようにと言われました。できたら、クリームのクレンジングにした方が良いといわれました。そして、大きな鏡を持ってきてくれてじっくり仕上がりを、見せてもらいました。角栓は、一つ残らず綺麗に取れていました。かなり、古くて頑固な角栓もいくつかあったんですが、見事に取れていて感動しました。やはり、プロがやると違うと思いました。やはり、自分でいちご鼻を治すには限界があり、プロに頼むのが一番だと実感しました。金額も三千円位だったと思うので、お手頃だと思います。

グッバイ・鼻のぶつぶつ!

いちご鼻や鼻のぶつぶつ、これには本当に泣かされますね。

 

思春期に入ってから気になり始め、30代後半の今ではどうしようか試行錯誤しながら戦っております。
昔は濡らした小鼻にシートを貼り、乾いたらゆっくり剥がすタイプの毛穴汚れシートを使っていましたが・・・
これが結構傷む!しかもあまり取れないんです。
10枚で200円近くするし、あまり経済的ではありませんよね。

 

そこでオススメないちご鼻とサヨウナラアイテムが2つあります。
わりと安かったり家にあるもので出来たりするので、よかったら試してみてくださいね。

 

1つ目はオロナインパック。
かの有名な万能軟膏・オロナインでいちご鼻とグッバイできるんですよ。

 

方法は、まず顔を洗顔などでキレイにします。
そのあとに出来るならば蒸しタオルやスチームなどで小鼻の毛穴を開かせます。
次にオロナインを小鼻に塗ります。
塗る量は小鼻の肌が見えないくらい。ベットリ塗って大丈夫ですよ。
この状態で5~10分待ちます。
時間が経ったらオロナインのベタベタ感がなくなるように、ぬるま湯で洗い流してください。

 

本当はそのあとに毛穴汚れを取るシートをやるとゴッソリ汚れがとれるという方法なのですが、この後普通に洗顔するだけでもキレイになります。
顔を洗った後はスキンケアを忘れずに!
面白いくらいキレイになりますよ。

 

もう1つの方法は、オイルと綿棒を使用します。
オイルというのはベビーオイルやオリーブオイルなど、肌に使っても大丈夫なものを使ってくださいね。
こちらも顔を洗って、そのあとに毛穴を開かせましょう。
次にオイルに綿棒を浸します。かなりたくさん、滴りそうなくらい浸してください。
その綿棒を小鼻に置いて、クルクルと優しく転がすだけなんです。
終わったらしっかり洗い流して触ってみてください。

 

さっきまでブツブツだった小鼻がツルツルに!
しかも毛穴の黒ずみが面白いくらいなくなります。

 

これを週2~3ほどやると、小鼻のブツブツや黒ずみで悩んでいたとは思えないくらいキレイになります。
しかもお肌に優しい物を使っているので、肌荒れなどが少なくて助かります。
生理前や真っ只中、終わり崖のデリケートな時期でもおおよそ大丈夫なようです。
でも人によっては合わないかもしれないので、少しずつ試す方がいいかもですね。

 

この方法は小鼻だけでなく、顔や足などにも応用できるのでオススメです。
継続は力なりで、続ければ続けるほどキレイになっていくので諦めないでくださいね。

-ビューティー

Copyright© ベルリオーズ , 2018 All Rights Reserved.