Qlink(QLC)まとめ|将来2万円になる?!IT系・エンタメ系に強い

投稿日:

qlink

Qlinkはブロックチェーン上オープンソースの通信インフラストラクチャを構築する分散型モバイルネットワークです。

Kucoinに2017/12/30に上場しました。Kucoinは香港の取引所で2017年8月に出来たばかり。すでに60種類以上の通過を扱っています。

しかも取引手数料は0.1%と破格です。近いうちに世界で有数の取引所になることは間違いない上に、将来性のある通貨を買うならKucoinで間違い無し。

少額で億万長者を目指している方はぜひ。

QLCは6億トークン(600,000,000)です。

2018年1月1日に1QLC=30円

Kucoin上場時、すでに30円と投資家の期待が高まっていることが見受けられます。

知名度は圧倒的に低いですが、他の草コインたちとは違う動き方をしていますね。

QLINKのホワイトペーパー和訳

Qlinkのホワイトペーパーの日本語和訳はこちらが参考になります。

QLINKの分析 - 分散型モバイルネットワーク

QlinkはIT系、エンタメ系にも強い

Wi-Fiアクセスやモバイルのデータアクセス、Qlinkチェーン上のコンテンツ登録やトランザクション決済にトークンが使われるということで、これが実現するとよりボーダーレスな世界が訪れる気がしますね。

特にAmazonがYouTubeのようなものを展開するという噂もありますし、NetflixやHuluなどの動画ストリーミングサービスの市場はすでに成熟した感じもあり、これから更に期待が高まります。

Youtuberに対してもQlinkで支払いといったことも実現される日が来るかもしれません。

しかもQlinkのCEOであるAllen LiはYouyou Mobileの設立者でもあり、(アリババグループから資金を調達しています)上海を拠点に100以上の国と地域をカバーしており、すでに世界中の40の通信事業者と提携しています。モバイルサービスに強い会社とすでに提携しているというのはものすごい強みではないでしょうか。

Qlinkはパートナーと連携する度に価格上昇すると予想

このことから、Qlinkは通信事業者と協力することにより真価を発揮するものと思われます。

未だにスマホは通信制限によりキャリアが通信料をボロ儲けしていますし、日本のフリーwifi普及率は世界基準とは程遠いとも言われています。

QlinkのCEOであるAllen Liは元Huaweiのソフトエンジニアということもあり、ホワイトペーパーで掲げているWi-Fi共有、エンタープライズテレコムサービス、ETHマイニング機能を備えたBaseState、

今後のパートナーシップ契約が結ばれたらQlinkの

 

Binance(バイナンス)上場の噂も

Qlinkはバイナンスに上場するとの噂もあるので、上場すれば上昇間違い無し。

Kucoinで今のうちに買うのは賢いでしょう。長期で持つには面白いと思います。

通信事業成長スピードは圧倒的に遅い日本で浸透するにはおそらく当分先になるでしょうが、投機としては◎な感じがしますね。

 

-仮想通貨

Copyright© ベルリオーズ , 2018 All Rights Reserved.