オーバーウォッチ シーズン8の変更まとめ

投稿日:

Season8まとめ

オーバーウォッチのシーズン7が終了し、シーズン8の開催が予定されています。

battle.netのフォーラムではすでにシーズン8の変更内容詳細が明かされているので、まとめていきたいと思います。

試合の質を高めるためマッチメイキングの変更

チームの最高レートのプレーヤーと、同じチームの最下位レートのプレイヤーの最大スキルレーティングの差が制限される。

例えばプレイヤーのレートが4500だった場合、同じようなレート帯のプレイヤーは少ないですよね。以前は、レートの低いプレイヤーを4500レートのプレイヤーと同じチームに割り当てるようなシステムでしたが、それが制限されるようです。

私もダイヤで味方にグラマスがきて、敵にマスターが3人が来るようなマッチングに何回も遭遇しましたが、そのあたりのレートシステムがより厳密になるみたいですね。

最大レート差1000以内でデュオできたり、チームでキューが入れられるシステムなので、プレイヤー人口とレートのバランスを取るのは難しいでしょうが、1月2日から調整が入るようです。

この変更はゴールドやプラチナなど人口の多いレート帯ではあまり実感がなさそうですね。

チーム内のスキルレート差が制限される

ブロンズ~ダイヤ 1000
マスター 500
グランドマスター 250

ブロンズ~ダイヤは従来と同じですが、マスター、グランドマスターは更に差が縮まるようです。レート分布を考えると至極当然のことだと思います。

ダイヤモンド以上のプレイヤーに関するパフォーマンススキル評価調整の削除

私も知らなかったのですが、ダイヤモンド以上のレート帯では(ダイヤモンド含む)個人のパフォーマンススキル評価というのがされていたそうです。

試合に勝利すればレートが上がり、マッチを失うとレートが下がりますよね。このスキルの獲得する要素と、失われる要素というのは、さまざまな要因にもとづいて計算されていたそうです。

わかりやすい指標で言えばメダルですが、フォーラムで記されている以下の指標によれば、以下のとおりです。

これらの要素がダイヤ以上では撤廃される

    • 試合に勝つチャンスが50%を越える場合は、勝利時に得られるレートが少なくなり、敗北するとより多くのレートを失う。
    • 合計の試合数が多いプレイヤーよりも、新規(回数の少ない)プレイヤーのほうがレートの上がり幅、下がり幅が広い
    • システムの数学的上限が5000レートで、レートが上がるにつれて得られるレートよりも失うレートのほうが多くなる。
    • パーソナルパフォーマンス(メダルなど?)内容は不透明

逆に言えば、ダイヤ以下のレート帯では上記のような計算システムが働いていることになります。

つまり、相手と自分は常に50%の実力で組まされるというわけではないということになります。

勝ちゲーがあれば負けゲーもあるわけで、勝ちをいかに掴むか?負けゲーをいかに勝ちゲーにするかというのがレートを上げるコツになるということです。

この調整の思惑としては、ダイヤモンド以上のレート帯のプレイヤーは「勝利のことだけを考えるべき」なので、その他の要素を考えて行動する必要をなくすためだそうです。

シーズン8はダイヤ以降が熱い

これらの変更を鑑みると、やはりダイヤモンド以降のレート帯が熱くなるのではないかと思います。

めちゃくちゃなマッチメイキングにあたったことが何回もあって、実力が均衡でないとプレイする気も起きなくなるゲームなので、この変更はかなり楽しみです。

それにしても今までパーソナルパフォーマンスというレートを計算する要素があったことに驚きです。

真面目にプレイしていれば報われるということですね。

日本のOWプレイヤーたち、シーズン8も頑張りましょう!

参考

Upcoming Competitive Play Changes for Season 8

-オーバーウォッチ

Copyright© ベルリオーズ , 2018 All Rights Reserved.