煙草を吸っている歌手・ボーカル大図鑑!辞められない止まらない

投稿日:

今回は煙草を吸っている有名なボーカル・歌手を集めました。

いかにもな人たちを除いて、声を聞いても喫煙者だとはわからないような声の持ち主を集めています。

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)

ブルーノ・マーズは2011年・2014年にグラミー賞を受賞している世界的なアーティストです。

彼が喫煙者なのは有名な話で、画像は彼の公式ツイッターから引用になります。

NJOYと呼ばれる電子タバコを吸ってるぞと母の日にツイートしています。

同年、彼の母は他界していますが、普通のタバコよりも電子タバコを吸うのがお母さんのためなんでしょうか

なかなか皮肉が効いてる面白いツイートです。

その後もファンの間ではBrunoが好きなら煙草を辞めさせろというのが流行っているようです。

Maroon5 ボーカル Adam Levine(アダム・レヴィーン)

Maroon5の代表曲「Sugar」は再生回数20億

アダムが喫煙している様子の動画


動画のサムネイル画像と違ってそこまで鮮明には映っていませんが、おそらく喫煙者であることは間違いないと思います。

Ed Sheeran(エド・シーラン)は煙草辞めました

13歳から吸い続けていたようですが、アーティストとしての自覚を持って煙草を辞めたそうです。

エド・シーランの代表曲 Shape of Youは再生回数30億目前

槇原敬之

ここからは日本のアーティストです。

マッキーも愛煙家として有名で、喉を鍛えるといって煙草は辞めないそうです。

煙草を吸っているとは思えない綺麗な声ですよね。

ゆず 岩沢さん

現在も喫煙しているかは分かりませんが、結成当初からヘビースモーカーだった岩沢厚治さん。結成当初は煙草の銘柄にちなんだLight'sというバンド名だったほどゆずの二人は愛煙家だったそうです。

引用元:https://pbs.twimg.com/media/BWd0YK3CQAAyrCM.jpg

禁煙に成功した人が多い

世の中は禁煙ブームですから、今現在も喫煙している愛煙家の歌手を探すのは難しいですね。

禁煙に成功した!という若い頃は吸っていたけどという人が多いです。

というのも歌手としての自覚を持ちはじめてやめるというパターンが1番多いのではないでしょうか。

やはり煙草と歌うことというのは多少なりとも因果関係があるような気がしますね。

みなさんも歌うことが好きだったり、歌手を目指している方は煙草は辞めておきましょう。

今の時代はせめて電子タバコですね。

あわせて読みたい関連記事

【科学的解析】タバコを吸っても歌は下手にならないが、声は出にくくなる
煙草を吸っている歌手・ボーカル大図鑑!辞められない止まらない
この記事は良かったですか?

-歌・ボイトレ

Copyright© ベルリオーズ , 2018 All Rights Reserved.